労働をやめるべき理由

労働

この記事はこんな人におすすめです。

  • 労働から抜け出したい
  • 一歩を踏み出すためのきっかけが欲しい
  • 何をやりたいかは決まってないけど漠然と行動を起こしたい

そして逆にこんな方にはおすすめしません。

  • 労働から抜け出すため一歩を踏み出し行動を始めた方

正直にお伝えします。

この記事の内容は具体性のあるノウハウなどではなく、

その辺によくある啓発本のような内容になります。

この記事を読んであなたの中の何かが劇的に変わるなんてことはあり得ません。

そんなものは読者を気持ち良くする物語の中だけの幻想です。

ですが行動に踏み出せず幻想を見続け、いろんな書籍やブログサイトを転々としているあなたは

何かきっかけがほしいのではありませんか?

何かしらの外的要因で今までの「行動を起こせずにいた自分」と決別したいのではありませんか?

そういう方は何度もこの記事を読んでください。

そうやって自分を洗脳してください。

そうやって自分に暗示をかけていってください。

そして晴れて一歩を踏み出せた方は逆にもう二度とこの記事に来ないでください。

せっかく一歩を踏み出したのにこの記事に逆戻りしないで下さい。

こんな記事を読む暇があるなら少しでも手を動かし、作業に没頭してください。

この記事を読む数分よりあなたが手を動かす数分の方が何倍も有益です。

前置きが長くなってしまいましたが本題に入ります。

労働とは「命の切り売り」

労働の対価はほとんどが「時間」と「労働力」です。

経営者はあなたの「時間」と「労働力」をお金で買い、会社の利益に変換しています。

これが何を意味しているかおわかりでしょうか?

あなたは会社の利益のために自分の命を差し出しているのです。

もちろんこれは考え方によりますが、

せめて自分の命は自分が豊かになるために使いたくありませんか?

見ず知らずの人間の人生を豊かにするためにあなたの命を差し出しても大丈夫ですか?

あなたはそこまで献身的かつ寛容ですか?

労働を続ければあなたは貧乏になる

労働は時間を切り売りすることだと気づいたはずです。

ではここからは少し現実的な話をしましょう。

このままあなたが今の会社の収入一本で人生を過ごしたと仮定しましょう。

  • 30歳ぐらいに結婚したいな
  • 子供は2人ぐらいほしいな
  • マイホームを購入したいな

こんな願望が生まれてくるはずです。

結婚資金が必要になります。

あなたの婚約者が挙式をあげるのを楽しみにしています。

平均的な挙式の費用は300万程度でしょうか。

結婚の後は子作りです。

子供が1人公立大学まで通ったとします。

22歳までの養育費は平均2700万だそうです。

22年は264ヶ月です。

月々10万円ほどかかります。

2人だと20万円です。

それまでに3500万円のマイホームを35年ローンで購入します。

みずほ銀行だと金利は1年0.375%だそうなのでトータルで3736万円になります。

月々8万8,934円です。

ついでにマイホームの維持費は1年で平均53万円かかるそうです。

月換算で4万4,000円ほどでしょうか。

これだけの家庭だとワゴン車も欲しいですね。

楽しくなってきたので買っちゃいましょう。

僕の実家はトヨタのエスティマに乗ってましたので、

せっかくだったら最新の1番グレードの高いものを新車購入しましょう。

月々8万4,183円です。

維持費もかかりますね。

維持費/月 2万8,208円
税/月   9,759円
月々3万7,967円です。

ちょっと疲れたのでこの辺にしておきます。

お分かりかと思いますが出費だらけです。

もっと言えば「借金まみれ」です。(気分を害した方は申し訳ありません)

人生は豊かになっているはずなのにどんどん経済的に苦しくなっていきます。

当たり前ですがコツコツ労働を続けてもそれを出費が上回るのであれば、

相対的にどんどん貧乏になっていきます。

せっかく寄り添って生きていきたいと思えた相手を、

経済的な理由で苦しめる羽目になっても大丈夫ですか?

せっかく新しく誕生した家族に窮屈な思いをさせたいですか?

しかしこれはあくまで労働のみで収入を得る場合です。

あなたが勇気を出して一歩踏み出せばそんな悲しい未来は変わるかもしれません。

コミュニケーションという摩擦

会社に雇用されてる人間は共に働く人間を選ぶことはできません。

当然です、組織ですから。

しかしお金を稼ぐことと誰と働くかを選べないことはイコールではありません。

雇用されることに慣れてしまっている人はこの事実に気づいていません。

会社に勤めていると嫌な上司や生意気な後輩、意地悪な同僚などがいるものです。

あなたも経験があるはずです。

そしてあなたは、このような人間がいるのはしょうがないことで、

その中でうまくコミュニケーションをとらないといけないと諦めてしまっているのではありませんか?

でもそれは本当にしょうがないことでしょうか?

確かにあなたは会社を今日退職して明日から自由に生きるなんてことはできません。

ですが将来そんな環境を勝ち取るために努力することはできるのではありませんか?

会社内で自分の評価や給料を上げるために努力することは素晴らしいことです。

しかし本当に努力すべきは自分がどれだけ自由な環境で

収入を得るシステムを構築するかということではありませんか?

人は大多数の人間が進んでいる方向に流されるものです。

多くの人が労働という手段をとっているからといって、

あなたもその大きな流れに合わせる必要はありますか?

そんなことは断固としてありません。

そして人はストレスに対してそこまで耐性を持っていません。

日々のストレスは確実にあなたの精神を蝕んでいきます。

僕のまわりにもそうやって病んでいく人はいます。

常に人生に絶望したような表情を浮かべ、

しかしその現状を変えるために何か具体的な行動を起こしているかといえばそうではない。

そんな負けを認めたような人生嫌じゃありませんか?

何よりも自己を肯定できなくなります。

そもそも合わない人間ともコミュニケーションを取らないとお金を稼げないなんてことはないんです。

もっと自分を大事にしてください。

もっと自己中心的に生きてください。

自己中に振る舞うという意味ではありません。

自分の将来についてもっとしっかり考えて行動してくださいという意味です。

でなければあなたはコミュニケーションという摩擦によってすり減ってしまいます。

最後に

どれだけ僕が言葉を並べようとあなた自身の意識が変わらない限り結局は意味がありません。

そんなこと言ってしまうと元も子もありませんがこれもれっきとした事実です。

僕にあなたの人生を劇的に変える力はありませんから。

でもこの記事でお伝えした言葉が少しでもあなたが一歩を踏み出すための

後押しになれれば幸いです。

労働を抜け出しあなた自身の人生を謳歌しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました