【初心者必見】WordPressの管理画面|投稿・メディア・固定ページ

WordPress

WordPressを始めたばかりの方にとってはどこを操作すればいいのかわからない方が多いのではないでしょうか?

まだWordPressでサイトの開設を行なっていないという方は、

次の記事でブログの始め方をわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

【WordPress】ブログの始め方|簡単3ステップ!!2023年最新版

今回はこのダッシュボード(管理画面)について、初心者の方でもわかるように徹底的に解説していきます。

ダッシュボードとは、あなたのサイトの管理画面であり、ここから様々な操作を行うことができます。

「ダッシュボード=管理画面」

WordPressにログインするとまず表示されるのが「ダッシュボード(管理画面)」です。

正確にはダッシュボードとは次の画像のようにダッシュボード画面とホーム、更新の項目からなる画面です。

しかし、ダッシュボード=管理画面全体のように使われることが一般的となっています。

ダッシュボードは計10個の項目から成り立っています。

ダッシュボード
投稿
・メディア
・固定ページ
・コメント
・外観
・プラグイン
・ユーザー
・ツール
・設定

デフォルトの状態だとこの10項目ですがプラグインなどを追加することによって増加します。

今回の記事では

  • 投稿
  • メディア
  • 固定ページ

の3つの項目について解説していきます。

まだそれぞれの項目の役割を理解していない方はこれを機にWordPressの理解を深めていきましょう。

投稿

1つ目は「投稿」の項目についてです。

投稿ページとはその名の通り、自分の投稿する記事について管理することができます。

「新規追加」が左メニューバーと投稿画面の横の2箇所にありますがどちらも同じボタンで

クリックすると新しい記事を作成することができます。

デフォルトの設定では下記の情報を表示します。

タイトル
投稿者
カテゴリー
タグ
コメント
日付
ID
文字数
PV
アイキャッチ

画面右上の「オプション▼」を押してチェックボックスを選択することによって各項目の表示/非表示を切り替えることができます。

また、各記事のタイトルにカーソルを合わせ「クイック編集」をクリック、もしくは記事タイトル横のチェックボックスを選択し上部の「一括操作」と記載のある部分のプルダウンメニューで「編集」を選び「適用」ボタンをクリックすることでその記事の情報を一部編集することが可能です。

この編集画面では、

カテゴリー
タグ
投稿者
コメント
ステータス
トラックバック/ピンバック
先頭に固定表示

上記7つの設定を編集することができます。

カテゴリーとは投稿した記事をグループ化するためのものになります。

カテゴリーサイトマップを形成する上で重要な要素になってきます。

今回は割愛させていただきますが「タグ」と合わせて今後の記事にて解説しますのでご覧ください。

タグは「カテゴリー」と混同しがちですが簡単に言えばカテゴリーで設定したグループに依存せずサイトをグルーピングできるものになります。

タグ」をうまく利用することでサイト閲覧者の利便性を高めることができます。

投稿者は記事を更新するサイト管理者が複数人存在する場合に投稿者を選択することができます。

コメントでは該当の記事に対し、閲覧者のコメントの[許可する/許可しない]を選択することができます。

ステータスは該当の記事の[公開済み/非公開/レビュー待ち/下書き]を選択することができます。

ちなみにレビュー待ちとは、「寄稿者」が使用する機能で簡単に言うと公開の権限を持っていない人が権限を持っている人にチェックしてもらうために使用する機能です。

個人でサイトを運営している方はほぼ使う機会がないかと思います。

トラックバック/ピンバックは簡単に言うと、他のサイトを引用した際に引用元のサイトに引用したことを通知する機能です。

この機能についても後日記事にする予定ですので詳しくは割愛します。

先頭に固定表示とは言葉通り、設定した記事を先頭に固定する機能です。

メディア

メディアのタブではWordPress上に画像、動画、音声ファイルをアップロードします。

あらかじめアップロードしておいたファイルを記事作成の際に添付することができます。

またメディアからファイルをアップロードせずとも記事作成画面で直接ファイルを添付することも可能です。

固定ページ

固定ページのタブではそのページの管理を行うことができます。

固定ページとは、投稿と異なり自動でサイト内に掲載されることのない、独立したページのことです。

たとえば、サイト内にプロフィールや会社概要ページを掲載したい場合などに、メニューとしてサイト内にその項目を設けて固定ページと紐づけて投稿したりします。

よって固定ページは設定を行わないと自動的にサイト内に掲載されることはありません。

このように投稿とは異なる特性を持っており、固定ページ同士で親子関係を設定したりその代わりにカテゴリーやタグは使えないなど、用途も様々です。

サイトマップの作成にもピッタリなので投稿する記事が増えてきたら、固定ページでサイトマップを作成しても良いでしょう。

最後に

いかがだったでしょうか?

少しWordPressについて理解が深まりましたか?

最初はわからないことだらけでしばしば手が止まってしまうかもしれません。

スムーズなサイト運営を行えるように疑問を一つ一つ着実に潰していきましょう。

次回はこの続きの記事を書くつもりです。

あなたのブログ運営に少しでも貢献できたら幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました