【ブログはオワコン!?】Googleが新たに発表したSGEとは?

ブログ

2023年5月10日、GoogleのI/Oカンファレンスが行われ新たなシステム、

SGE(Search Generative Experience)が発表されました。

超簡単に言うと、これまでの検索をよりシンプルかつスマートにするシステムです。

これにより従来の検索機能が一変する!と世界から注目を集めています。

一方で、これまでのSEOがガラッと様変わりしてしまい、

ブロガーが収益をあげられなくなってしまうのでは!?

と不安を感じている方が多いのも事実です。

そこでこの記事では以下の項目について初心者目線で解説していきます。

  • SGEとはそもそも何なのか?
  • SEOに及ぼす影響は?
  • 個人ブロガーが行うべき対策は?

Google I/OとSGEについて

SGEについてお話する前にGoogleI/Oとは何か、ということについて触れておきます。

Google I/Oとは一言で言うとGoogleの新商品やサービスの発表イベントです。

I/Oとは「Innovation in the Open」の略であり、

コンピュータ科学における「Input/Output」の意味でもあります。

今回のGoogleI I/Oでは新しいスマートフォンのPixel FoldとPixel 7aやタブレットのPixel Tabletなどが発表されました。

そんな中、今話題のAIが大きなテーマとなり注目を集めます。

その中の一つが「Search Generative Experience」というわけです。

ブロガーの収益のほとんどはGoogleのサービスの上に成り立っていると言っても過言ではありません。

そのGoogleの検索エンジンに大幅なアップデートがされるというのであれば、

注目が集まらないわけがありません。

SGEの具体的な機能

Search Generative Experienceとは直訳すると「検索生成体験」です。

このネーミングではいまいちピンとこないかと思いますが冒頭でお伝えしたように、

これまでの検索をよりシンプルかつスマートにするシステムです。

ざっくり過ぎて訳がわからないので具体的な機能を見ていきましょう。

AIスナップショット

SGEの中で最も画期的な機能は「AIスナップショット」です。

このAIスナップショットは検索機能に生成AIを使い、次のような機能を可能にしています。

AIスナップショットの機能

・検索結果に対する回答をAIが瞬時に生成
・文章形式でより複雑な検索を理解
・検索により生じる新たな疑問をさらに検索
・最適なコンテンツを提供

では順番に解説します。

文章形式でより複雑な検索を理解

友人にメッセージで質問をするような感覚で検索を行うことが可能になります。

従来の検索機能では疑問に関連する”キーワード(単語)”を2,3個ピックアップし、

そのキーワードによって表示されたコンテンツの中から回答に近い記事を選択する必要がありました。

しかし、生成AIが”文章”を理解することでより複雑な検索にも的確な回答を返すことが可能になります。

検索結果に対する回答をAIが瞬時に生成

文章を入力し検索を実行すると検索結果としてまず目に入るのは

検索上位のWebサイトではなくAIが生成した回答文です。

生成される回答をGoogleは「スナップショット」と呼んでいます。

ChatGPTやBardを利用した方ならわかるかもしれませんが、

質問に対する回答文が瞬時に生成されるというのはとても衝撃的です。

最適なコンテンツを提供

スナップショットでは、回答として最適なコンテンツやその詳細に表示されます。

これによりネットショッピングなどがさらに便利になります。

複雑な検索が可能になったことにより、求めている商品の特徴を一度の検索に凝縮することができます。

会話モード

会話モードと言っても音声認識で検索を行うということではありません。

この会話モードはこれまでの検索行動をよりスマートかつシームレスにします。

具体的に見ていきましょう。

追加の質問

検索後に生成されるAIスナップショットの下には追加の質問を行うオプションが用意されています。

このオプションを選択すると「会話モード」が起動します。

今までの検索では一つの検索に対し一つのタブを使用していました。

新しく疑問が生まれた場合、

  • 新たに検索ワードを入力して異なるページへ飛ぶ
  • タブを追加して新たに検索を行う。

このどちらかを行う必要がありました。

しかし、この会話モードにより追加の検索を行ってもページは移動せず、

現在表示されているスナップショットの下に新たなスナップショットが生成されます。

前回の検索が消えない

この会話モードの便利な点は先ほどお伝えした

  • 新たに検索ワードを入力して異なるページへ飛ぶ
  • タブを追加して新たに検索を行う。

この2点を行う必要がないところです。

これまでは疑問を深掘りしていくとタブが複数になり、どのタブでどの検索を行ったのか探す必要があります。

しかし、会話モードでは前回の検索結果を見たい場合に画面を上にスクロールするだけでどんな質問を行ったか確認できます。

初心者の収益化のハードルが上がる

僕個人の見解としてはSGEが実装されることにより、

ブログ初心者にとっては収益化を目指すハードルが上がると考えています。

理由はいくつかあります。

収益化のハードルが上がる理由

1.記事が閲覧されづらくなる
2.コンテンツの質が求められる(E-E-A-T)
3.コンテンツ作りにかかる時間

それぞれ簡単に解説します。

記事が閲覧されづらくなる

検索結果画面にAIスナップショットが表示されることにより

従来の記事は検索結果画面からさらにスクロールしないと見ることができません。

現在(2023年6月)のGoogle検索結果画面は広告記事の次に通常の記事が表示される構造です。

広告記事が表示されないキーワードに関しては先頭に通常の記事が表示されます。

しかし、SGEが実装された後は広告記事の前にAIスナップショットが表示される形になります。

AIスナップショットで疑問が解消されたユーザーは広告記事やその下の通常記事を閲覧する必要がありません。

よってGoogle検索ユーザーに通常の記事は閲覧されづらくなります。

コンテンツの質が求められる(E-E-A-T)

スナップショットによる記事のPV数の減少は止められないと思われます。

これに付随して求められるのがE-E-A-Tです。

E-E-A-Tがわからない方のために超簡単にまとめておきます。

E-E-A-Tとは?

・Experience(経験)
・Expertise(専門性)
・Authoritativeness(権威性)
・Trustworthiness(信頼性)
これらの頭文字をとったものであり、SEO対策においては重要な指標となっています。
※E-E-A-Tについては別の記事で言及します。

簡単な検索に対してはスナップショットの回答で十分にユーザーの検索意図を満たしてしまいます。

スナップショットの回答で解決されない疑問が発生して初めて通常の記事が閲覧されます。

スナップショットの回答で

「これは経験に基づいたものです。」

とか

「信頼できる第3者からの意見です。」

なんて書かれていても誰も信用しません。

AIが何かを経験したり自発的に信頼できる人間を特定して情報を収集することはないとみんなわかるからです。

AIの回答に満足せず実際の経験則、専門性、権威性、信頼性に基づいた確実な情報がほしい時に初めて僕らの記事は閲覧されるようになります。

よって、E-E-A-Tに基づいたコンテンツ作りが重要になってきます。

コンテンツ作りにかかる時間

しかしE-E-A-Tに基づいたコンテンツ作りを行うためにはかなりの時間を要します。

それは初心者であればあるほど顕著になるはずです。

たとえば、美味しい中華料理屋の情報をE-E-A-Tに基づいて発信する場合を考えます。

経験則を織り交ぜて実際にお店に通う必要があります。

専門性を補おうとすると、中華料理について正しい知識を学ばなければなりません。

権威性なんて一番時間がかかります。

中華料理店で働いたことがない人間は論外ですし、

有名店で働いてメディアで取り上げられたりという実績が必要が出てきます。

信頼性を得るには言うまでもなく、たくさんのユーザーからの評価を得る必要があります。

すこし考えればわかりますがE-E-A-Tに基づいたコンテンツを発信すると言うことは生半可なことでは実行できません。

以上3つが初心者として参入するハードルを上げる理由です。

初心者ブロガーがとるべき対処法

ここまでを踏まえた上で初心者のブロガーが取るべき対処法は以下になると考えています。

ブログ初心者の対処法

・焦らず1つ1つの記事を確実に書いていく
・最新情報の収集を怠らない
・ユーザーの検索意図と疑問解消について常に意識する

・SNSや他の発信ツールを活用する

1つずつ説明していきます。

焦らず1つ1つの記事を確実に書いていく

ここまでで一目瞭然ですが抽象的で誰でも調べれば入手できる情報には価値が生まれません。

しかしそんなことを言っていては誰も記事なんて書けません。

誰もが何かを始める時はゼロからのスタートですから。

月並みな回答で申し訳ないとは思いますがあなたのブログに必要な記事を1つ1つ確実に勉強をしながらインプットとアウトプットを繰り返していきましょう。

最新の技術を大いに活用する

昨今の技術の進歩は凄まじいです。

ChatGPTやBard、AdobeのFireflyなどのGenerative AIなどを大いに活用しましょう。

そしてこれらの技術の特性を理解して使い所は意識しましょう。

信頼性を求められる内容に対してChatGPTの回答をコピペしていてはユーザーにガセ情報を掴ませることになってしまいます。

記事の大まかな構成を考えてもらったり、文章の添削を行なってもらったりすることでもかなりの時間が節約できるはずです。

たまにこういった最新技術に対して過度なアレルギー反応を起こす方もいます。

しかし個人的にはAI技術を活用しないということは

移動手段として自転車や交通機関を利用しないのと同等だと考えています。

初心者でこれからブログで利益を生もうと考えている人は上級者に比べて経験が格段に足りません。

いち早く同等のステージまで行こうとするなら使える技術は積極的に取り入れていくべきだと考えています。

ユーザーの顕在ニーズと潜在ニーズを意識する

これに関しては昔から変わりません。

あなたが提供するコンテンツでユーザーの悩みや不安は解消されますか?

もっと言えばユーザーの潜在ニーズを満たすことはできますか?

Googleの検索エンジンに評価されることは確かに収益に繋がる可能性が上がります。

しかし収益につながるコンテンツ提供の本質はユーザーの潜在ニーズを満たすことです。

自転車が買いたい人の潜在ニーズは毎日勤務する職場への通勤を楽にしたり、

プライベートでの行動範囲を広くすることだったりします。

自転車を買うことは顕在ニーズであり、その人にとっては通過点です。

自転車を買う(顕在ニーズ)という通過点をクリアできたとしても、

すぐに自転車が壊れてしまってはその人にとっての顕在ニーズは満たされません。

これを意識して記事を書くことができれば表面的な薄っぺらいコンテンツを提供することはなくなるはずです。

SNSや他の発信ツールを活用する

ここまでSEO対策の観点からお話をしてきましたが

SEO上位を目指すことだけが収益化に繋がるコンテンツ提供ではありません。

もっと言えばブログを書くことだけが情報発信ではありません。

Twitter、Instagram、TikTokなど情報発信の手段はたくさんあります。

SEO上位を目指す労力を考えればSNSを活用しながら

あなたのコンテンツを広げるという選択をとることも1つの対策です。

僕自身いままで積極的にSNSでの情報発信を行なってきたわけではありません。

ブログは収益を得る”手段”であってブログを書くこと自体が目的ではありません。

そこを履き違えないように注意しましょう。

まとめ

ここまでSGEの考察を行ってきましたがいかがだったでしょうか?

初心者にとっては正直、悲観的に感じる内容が多かったかもしれません。

しかし個人的にブログがオワコンだとは感じていません。

この記事の内容はあくまで個人的な考察に過ぎませんが、

GoogleがSGEを実装するのはユーザーに正確な情報を提供をするためです。

そしてGoogleがその目的に近づくために必要なアップデートだと僕は考えています。

これは裏を返せば初心者でも正確な情報を得られるということです。

正しい情報に基づいて正しい道筋を辿っていけば結果はどうあれあなたにとって得るものはあるはずです。

僕は収益を得ることも当然ですがその過程で得るものも大切だと考えています。

収益を得るだけがブログではありませんし、その過程や情報発信を楽しむことこそブログの醍醐味だと考えています。

Q&A

今回の記事を読んで感じたことや気づいたことを

どんなに些細なことでも構いませんので教えてください。

メッセージをお待ちしております!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました